NTP (chrony) Server

CentOS 8にNTPサーバー(chrony)を構築

NTPサーバーについて

NTP(Network Time Protocol)は時間同期を提供するサービスで、CentOS8からは「chrony(クローニー)」に変更されています。
CentOS7まではntpdと呼ばれるサービスが使われていました。

 

構築環境

  • CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)
  • chronyd (chrony) version 3.5

 

NTPサーバーのポート開放について

本手順では自サーバーの時間同期が主な目的のため、ルータのポート開放等は行っていません。
構築したNTPサーバーに対して外部からの接続が必要ない場合は、ポートの開放等は必要ありません。

 

 

chronyのインストール

CentOS 8 では dnf コマンドを利用してパッケージ情報検索やインストール、削除を行うことができます。
パッケージファイルが管理されているダウンロードサーバーをリポジトリと呼び、新規でリポジトリを追加することで、ダウンロードできるファイルの種類を増やすことが可能です。

 

▼インストールパッケージの確認

 command
# dnf list | grep chrony 
chrony chrony.x86_64 3.5-1.el8 BaseOS
collectd-chrony.x86_64 5.9.0-5.el8 epel

 

▼インストールの実行

「-y」オプションを指定すると、インストール可否の確認で「yes」となり自動的にインストールが開始します。


 command
# dnf -y install chrony

 

 

コンフィグの変更

 command
# vi /etc/chrony.conf

chrony.conf


▼3行目をコメントアウト
サーバー自身もクライアントとして下記のNTPサーバーに時間同期をします。
#pool 2.centos.pool.ntp.org iburst

 

▼新規にNTPサーバーのアドレスを追加
pool ntp.nict.jp iburst

 

▼自ホスト内のNWのみ時間同期のリクエストを許可します。
# Allow NTP client access from local network.
allow 192.168.0.0/16

 

 

サービス起動

▼chronyの自動起動

 command
# systemctl enable chronyd
# systemctl is-enabled chronyd
enabled

enabled になっていればサーバー再起動で自動で敵にサービスが起動します。

 

▼chronyの起動

 command
# systemctl start chronyd
# systemctl status chronyd
● chronyd.service - NTP client/server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/chronyd.service; enabled; vendor preset: enabled)
Active: active (running) since Sat 2020-10-03 09:38:34 +03; 6s ago

最後までエラーが無く Active: active (running) となっていればOK。

 

 

動作確認

chronvc コマンドでNTPサーバーとの同期確認を行い、下記のように応答が返ってくればOK。
いちばん上の「*」がついているのが同期中のNTPサーバー。

 command
# chronyc sources

210 Number of sources = 4
MS Name/IP address Stratum Poll Reach LastRx Last sample
===============================================================================
^* ntp-b2.nict.go.jp 1 6 77 18 -69us[-7111us] +/- 5853us
^- ntp-a2.nict.go.jp 1 6 77 16 -158us[ -158us] +/- 5891us
^+ ntp-a3.nict.go.jp 1 6 77 16 +31ms[ +31ms] +/- 36ms
^- ntp-k1.nict.jp 1 6 77 16 -367us[ -367us] +/- 11ms

 

▼現在時刻の確認
下記のように日本時間になっておらず「+03」や「UTC」の場合は日本時間に変更します。

 command
# date
2020年 10月 3日 土曜日 09:44:46 +03

 

▼日本時間へ変更

 command
# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

 

▼日本時間変更の確認
下記のように「JST」となれば日本時間になっています。

 command
# date
2020年 10月 3日 土曜日 15:45:0 JST
 

 

 

おすすめ

1

目次1 Windows10で構築するサーバー構成の例2 Windows10 記憶域について3 Windows10 Hyper-vについて Windows10で構築するサーバー構成の例 知らない人も多い ...

2

目次1 記憶域について2 記憶域の作成方法 記憶域について この記事ではWindows 10 の記憶域によるストレージの作成方法について解説します。 そもそも記憶域について詳しく知りたい方は、下記の記 ...

3

目次1 概要2 テキストパーツ3 ボックスデザイン4 カスタムボタン5 会話ふきだし6 ランキング7 レイアウト8 その他パーツ9 記事一覧/カード10 ショートコード補助11 AFFINGER5につ ...

4

ディレクションを担当した世界遺産のガイドアプリより、ムービー用のBGMを1曲担当しました。 Misumi-nishikou It is BGM created for app video. sound ...

5

こちらはプライベートで作成したYoutube投稿用サイクリングムービーのBGMです。 EDM Sound-2 EDM sound for my Youtube. soundcloud.com

-NTP (chrony), Server