CentOS 8 Linux WEB (Apache)

CentOS8にて構築したApacheでバーチャルドメインとリバースプロキシを利用

バーチャルホストの設定

1つのWEBサーバーで複数のドメインを利用してWEBページを公開する場合には「NameVirtualHost 」ディレクティブを利用しドて振り分ける必要があります。
ドメインが複数なければこの設定は必要ありません。

 

 command
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 

メモ

▼「hoge1.com」の設定
ServerAdmin info@hoge1.com
DocumentRoot /home/hoge1/public_html
ServerName hoge1.com
ErrorLog logs/error_log
CustomLog logs/access_log common
SetEnvIf Request_URI "\.(gif)|(jpeg)|(jpg)|(png)|(ico)$" no_log

▼「hoge2.com」の設定
ServerAdmin info@hoge2.com
DocumentRoot /home/hoge2/public_html
ServerName hoge2.com
ErrorLog logs/error_log
CustomLog logs/access_log common
SetEnvIf Request_URI "\.(gif)|(jpeg)|(jpg)|(png)|(ico)$" no_log

 

 

リバースプロキシ

hoge1の特定ディレクトリ配下のアクセスを別のサーバーのアドレスに転送する場合に利用します。
「/home/hoge1/public_html/blog」」の「/blog/」配下にアクセスしたら別のhttpdサーバーで処理をさせる例で解説します。
尚、転送された先のサーバーのことをバックエンドサーバーと呼びます。

クライアント <===> httpd <===> Backendのhttpd

 

 command
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 

httpd.conf

ProxyRequests Off
SSLProxyEngine on

<Location /blog/>
ProxyPass http://192.168.0.50/blog/
ProxyPassReverse http://192.168.0.50/blog/
</Location>

 

▼上記の場合は動作
/ドキュメントルート/blog/」にアクセスしたら「http://192.168.0.80/blog/」のWEBサーバーに転送されます。
その後クライアントとサーバーのやり取りは、リダイレクトと違い2台のWEBサーバーで処理されます。

 

▼設定内容の説明

ProxyRequests オープンに公開されたプロキシはセキュリティー的に危ないのでOFFにする。
SSLProxyEngine SSL接続でのプロキシを有効化。
Location ディレクトリ単位のコンテナの設定を定義。
ProxyPass バックエンドサーバーのアドレス。
ProxyPassReverse バックエンドでさらにリダイレクトが発生した際のURLの調整を行うアドレス。

 

例えばバックエンド側でURLを整形して「http://192.168.0.50/blog/file.html/」にリダイレクトさせる処理がクライアント側へ応答された場合、クライアントは直接そのアドレスにアクセスしますが、『192.168.0.50』ローカルアドレスのためクライアントPC側のローカルネットワークにアクセスしようとするため、WEBサーバーには接続されません。

このような状況を防ぐために「http://192.168.0.50/blog/」のリダイレクト要求があった際に、「http://hoge1.com/blog/」に調整され、クライアント側へは「http://hoge1.com/blog/file.html」へのリダイレクト要求とされるのです。

 

 

簡単にサーバーを用意したい人はこちら

アクセス数が多く個人運営では厳しくなってきたら、レンタルサーバーも選択肢の一つですね。
もっと簡単にサーバーを準備して、WordPress等が動かせるレンタルサーバーをいくつか紹介します!

 

▼WordPress特化型レンタルサーバー


 

 

▼国内最大級の『ロリポップ!』の新プラン
面倒なインストールやセットアップ作業を行う必要なく、PHP、WordPress、Ruby on Rails、 Node.jsのアプリケーション実行環境を簡単に構築することができます。

 

 

▼国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

 

▼Just-Size.Networks レンタルサーバー
安価であっても決して妥協を許さない、こだわりのレンタルサーバー!




 

 

▼カラフルボックス
マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
最新のスペックと技術でWordPressをより高速・安全に表示!
ドメイン取得可能!
初期費用無料(*1)で月額480円から利用可能な、高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタル サーバーです。


 

当ブログのドメインや、ウチが管理しているドメインは、全てムームードメインで取得しています。
管理画面が使いやすくて、料金もかなり安めなので、オススメです!

 

-CentOS 8 Linux, WEB (Apache)

© 2022 Studio ilia - スタジオ イリア