CentOS 8 Linux WEB (Apache)

CentOS 8に構築したApacheに無料SSL証明書の導入(Let's Encrypt)

Let’s Encryptについて

サーバーとドメインさえあれば無料のSSL証明書を発行できるサービスです。
2016年4月に正式サービスが開始されて商用利用も可能なのです!

 

▼公式WEB
https://letsencrypt.org/

 

構築環境

  • CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)
  • httpd 2.4.37-21
  • mod_ssl x86_64 1:2.4.37-21
  • ルータで「ポート 443」を開放

 

 

ルータのポート開放でSSL通信を受け入れる

SSL証明書の発行と組み込みを行う前に、サーバー側NWのルータのポートを開放して、外部からの通信がサーバーに届くようにします。

SSL通信で使われるポート番号は「443」になります。
ポートの設定方法はルータによって違いますが、概ね下記のような感じです。

 

プロトコル TCP / UDP
開始ポート番号 443
終了ポート番号 443
サーバーのローカルアドレス 192,168.x.x

 

▼通信イメージ

 

 

▼ルータの設定イメージ

 

 

certbot-autoコマンドの導入

Let's EncryptでSSL証明書を取得するための「certbot-auto」をcurlコマンドを用いて導入します。

 

▼certbot-autoコマンドのDL

 command
# curl -O https://dl.eff.org/certbot-auto

 

▼DLしたコマンドを移動

 command
# mv certbot-auto /usr/local/bin/

 

▼コマンドのパーミッションを変更

 command
# chmod 700 /usr/local/bin/certbot-auto
# ls -lrt /usr/local/bin/certbot-auto
-rwx------ 1 root root 78696 10月 12 01:28 /usr/local/bin/certbot-auto

 

 

SSL証明書の取得

▼Let's Encryptの有効期限
証明書の有効期限は90日です。90日毎に更新作業を再度実施する必要があります。

 

▼SSL証明書取得コマンドのパラメータ

--webroot 稼働中 Web サーバーの公開ディレクトリ配下を認証用の一時領域に使用
-w ドキュメントルート
-d 証明書を取得したい FQDN
FQDN (Fully Qualified Domain Name) ホスト名.ドメイン名を省略なしで表記

 

  • ドキュメントルートはバーチャルホストで複数のホスト定義がある場合、該当のホスト定義を指定。
  • 証明書を取得したい FQDN が複数ある場合は、-d [証明書を取得したい FQDN] を複数指定。
  • 例 : srv.world/dlp.srv.world の二つについて取得する場合。
    ⇒ [-d srv.world -d dlp.srv.world]

 

▼ターミナルから取得コマンド実行(初回目)

 command
# certbot-auto certonly --webroot -w /home/username/public_html -d example.com
Bootstrapping dependencies for RedHat-based OSes that will use Python3... (you can skip this with --no-bootstrap)
dnf は /usr/bin/dnf です
dnf はハッシュされています (/usr/bin/dnf)

▼現在の環境に応じてパッケージが自動でインストールされます
メタデータの期限切れの最終確認: 0:19:09 時間前の 2020年10月12日 01時10分50秒 に実施しました。
パッケージ gcc-8.3.1-5.el8.0.2.x86_64 はすでにインストールされています。
パッケージ openssl-1:1.1.1c-15.el8.x86_64 はすでにインストールされています。
パッケージ openssl-devel-1:1.1.1c-15.el8.x86_64 はすでにインストールされています 。
パッケージ redhat-rpm-config-122-1.el8.noarch はすでにインストールされています。
パッケージ ca-certificates-2019.2.32-80.0.el8_1.noarch はすでにインストールされています。
パッケージ python36-3.6.8-2.module_el8.1.0+245+c39af44f.x86_64 はすでにインストールされています。
パッケージ python36-devel-3.6.8-2.module_el8.1.0+245+c39af44f.x86_64 はすでにインストールされています。
パッケージ mod_ssl-1:2.4.37-21.module_el8.2.0+494+1df74eae.x86_64 はすでにインストールされています。
依存関係が解決しました。
================================================================================
パッケージ Arch バージョン Repo サイズ
================================================================================
インストール中:
augeas-libs x86_64 1.12.0-5.el8 BaseOS 436 k
libffi-devel x86_64 3.1-21.el8 BaseOS 29 k
python3-virtualenv
noarch 15.1.0-19.module_el8.1.0+245+c39af44f AppStream 100 k
アップグレード中:
ca-certificates noarch 2020.2.41-80.0.el8_2 BaseOS 391 k
依存関係のインストール中:
python3-wheel-wheel
noarch 1:0.31.1-2.module_el8.1.0+245+c39af44f AppStream 44 k
トランザクションの概要
================================================================================
インストール 4 パッケージ
アップグレード 1 パッケージ
ダウンロードサイズの合計: 1.0 M
これでよろしいですか? [y/N]: y
パッケージのダウンロード:
(1/5): python3-wheel-wheel-0.31.1-2.module_el8. 335 kB/s | 44 kB 00:00
(2/5): libffi-devel-3.1-21.el8.x86_64.rpm 933 kB/s | 29 kB 00:00
(3/5): augeas-libs-1.12.0-5.el8.x86_64.rpm 2.5 MB/s | 436 kB 00:00
(4/5): ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noa 10 MB/s | 391 kB 00:00
(5/5): python3-virtualenv-15.1.0-19.module_el8. 448 kB/s | 100 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 736 kB/s | 1.0 MB 00:01
トランザクションの確認を実行中
トランザクションの確認に成功しました。
トランザクションのテストを実行中
トランザクションのテストに成功しました。
トランザクションを実行中
準備 : 1/1
インストール中 : python3-wheel-wheel-1:0.31.1-2.module_el8.1.0+245+c 1/6
インストール中 : python3-virtualenv-15.1.0-19.module_el8.1.0+245+c39 2/6
scriptlet の実行中: python3-virtualenv-15.1.0-19.module_el8.1.0+245+c39 2/6
scriptlet の実行中: ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch 3/6
アップグレード中 : ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch 3/6
scriptlet の実行中: ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch 3/6
インストール中 : libffi-devel-3.1-21.el8.x86_64 4/6
scriptlet の実行中: libffi-devel-3.1-21.el8.x86_64 4/6
インストール中 : augeas-libs-1.12.0-5.el8.x86_64 5/6
scriptlet の実行中: augeas-libs-1.12.0-5.el8.x86_64 5/6
整理 : ca-certificates-2019.2.32-80.0.el8_1.noarch 6/6
scriptlet の実行中: ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch 6/6
scriptlet の実行中: ca-certificates-2019.2.32-80.0.el8_1.noarch 6/6
検証 : python3-virtualenv-15.1.0-19.module_el8.1.0+245+c39 1/6
検証 : python3-wheel-wheel-1:0.31.1-2.module_el8.1.0+245+c 2/6
検証 : augeas-libs-1.12.0-5.el8.x86_64 3/6
検証 : libffi-devel-3.1-21.el8.x86_64 4/6
検証 : ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch 5/6
検証 : ca-certificates-2019.2.32-80.0.el8_1.noarch 6/6
アップグレード済み:
ca-certificates-2020.2.41-80.0.el8_2.noarch
インストール済み:
augeas-libs-1.12.0-5.el8.x86_64
libffi-devel-3.1-21.el8.x86_64
python3-virtualenv-15.1.0-19.module_el8.1.0+245+c39af44f.noarch
python3-wheel-wheel-1:0.31.1-2.module_el8.1.0+245+c39af44f.noarch
完了しました!
Creating virtual environment...
Installing Python packages...
Installation succeeded.
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None

▼初回目はメールアドレスの登録が必要です。
Enter email address (used for urgent renewal and security notices)
(Enter 'c' to cancel): user@example.com
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Please read the Terms of Service at
https://letsencrypt.org/documents/LE-SA-v1.2-November-15-2017.pdf. You must
agree in order to register with the ACME server at
https://acme-v02.api.letsencrypt.org/directory
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

▼「A」で利用規約に同意
(A)gree/(C)ancel: A

▼質問される
[st-mybox title="" fontawesome="" color="#757575" bordercolor="#ccc" bgcolor="#ffffff" borderwidth="2" borderradius="2" titleweight="bold" fontsize="" myclass="st-mybox-class" margin="25px 0 25px 0"]
最初の証明書が正常に発行されたら、次のことを希望しますか。
あなたのメールアドレスを創設者であるElectronicFrontierFoundationと共有してください。
Let’sEncryptプロジェクトとその非営利団体のパートナーCertbotを開発しますか?
ウェブを暗号化する私たちの仕事についてあなたにメールを送りたい。
Would you be willing, once your first certificate is successfully issued, to
share your email address with the Electronic Frontier Foundation, a founding
partner of the Let's Encrypt project and the non-profit organization that
develops Certbot? We'd like to send you email about our work encrypting the web,
EFF news, campaigns, and ways to support digital freedom.
[/st-mybox]

▼必要ないので「no」を指定
(Y)es/(N)o: no
Obtaining a new certificate
Performing the following challenges:
http-01 challenge for ilia.jp
Using the webroot path /home/ilia/public_html for all unmatched domains.
Waiting for verification...
Cleaning up challenges
IMPORTANT NOTES:
- Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:
/etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem
Your key file has been saved at:
/etc/letsencrypt/live/ilia.jp/privkey.pem
Your cert will expire on 2021-01-09. To obtain a new or tweaked
version of this certificate in the future, simply run certbot-auto
again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run
"certbot-auto renew"
- Your account credentials have been saved in your Certbot
configuration directory at /etc/letsencrypt. You should make a
secure backup of this folder now. This configuration directory will
also contain certificates and private keys obtained by Certbot so
making regular backups of this folder is ideal.
- If you like Certbot, please consider supporting our work by:
Donating to ISRG / Let's Encrypt: https://letsencrypt.org/donate
Donating to EFF: https://eff.org/donate-le

  • 「IMPORTANT NOTES」の下に「Congratulations」(おめでとう)表示で完了。
  • 「/etc/letsencrypt/live/example.com/」配下に証明書が取得されているとアナウンスが表示。
  • cert.pem ⇒ SSLサーバー証明書(公開鍵含む)
  • chain.pem ⇒ 中間証明書
  • fullchain.pem ⇒ cert.pem と chain.pem が結合されたファイル
  • privkey.pem ⇒ 公開鍵に対する秘密鍵

 

 

取得したSSL証明書をサーバーに更新

  • 有効期限が 30日未満の証明書を全て更新
  • 有効期限の残り日数に関わらず更新したい場合は「--force-renew」を合わせて指定

 

▼更新処理を実高

 command
# certbot-auto renew --force-renew
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
(デバッグログを/var/log/letsencrypt/letsencrypt.logに保存します)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Processing /etc/letsencrypt/renewal/ilia.jp.conf
(/etc/letsencrypt/renewal/ilia.jp.confを処理しています)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
(選択したプラグイン:Authenticator webroot、Installerなし既存の証明書の更新)
Renewing an existing certificate
(既存の証明書の更新)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
new certificate deployed without reload, fullchain is /etc/letsencrypt/live/ilia.jp/fullchain.pem
(新しい証明書はリロードなしで展開され、フルチェーンは/etc/letsencrypt/live/ilia.jp/fullchain.pem)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Congratulations, all renewals succeeded. The following certs have been renewed:
(おめでとうございます、すべての更新は成功しました。次の証明書が更新されました。)
/etc/letsencrypt/live/ilia.jp/fullchain.pem (success)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

最後に「success」となれば完了です。

 

 

SSLを有効にするライブラリのインストール

 command
# dnf -y install mod_ssl

 

 

SSL証明書取得コマンドを実行(2回目以降)

2回目以降は特に何も聞かれずに完了します。

▼SSL証明書の取得コマンド実行

 command
# certbot-auto certonly --webroot -w /home/username/public_html -d example.com
Saving debug log to /var/log/letsencrypt/letsencrypt.log
Plugins selected: Authenticator webroot, Installer None
Obtaining a new certificate
Performing the following challenges:
http-01 challenge for example.com
Using the webroot path /home/www/public_html for all unmatched domains.
Waiting for verification...
Cleaning up challenges
IMPORTANT NOTES:
- Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:
/etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem
Your key file has been saved at:
/etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem
Your cert will expire on 2021-01-09. To obtain a new or tweaked
version of this certificate in the future, simply run certbot-auto
again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run
"certbot-auto renew"
- If you like Certbot, please consider supporting our work by:
Donating to ISRG / Let's Encrypt: https://letsencrypt.org/donate
Donating to EFF: https://eff.org/donate-le

 

▼上記取得済のSSLをサーバーに更新

 command
# certbot-auto renew

 

 

Apacheコンフィグ(ssl.conf)の修正

httpd.conf でバーチャルドメインの設定しているときは、下記 ssl.conf で管理すると、複数のファイルで管理することになり煩雑になるため管理がし辛くなります。
ssl.conf からバーチャルドメイン関連の設定をコメントアウトして無効にした後、httpd.conf側にSSLのバーチャルドメインの設定を記述します。

 command
# cp /etc/httpd/conf.d/ssl.conf /etc/httpd/conf.d/BK_ssl.conf
# vi /etc/httpd/conf.d/ssl.conf

 

ssl.conf

▼下記をコメントアウト
Listen 443 https

#Listen 443 https


▼さらに下記の間の設定も全てコメントアウト

#<VirtualHost _default_:443>


#</VirtualHost>

 

 

Apacheコンフィグ(httpd.conf)の修正

 command
vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 

メモ


▼下記は追記済みの場合
NameVirtualHost 192.168.0.10

ServerAdmin info@example.com
DocumentRoot /home/username/public_html
ServerName example.com
ErrorLog logs/error_log
CustomLog logs/access_log common
SetEnvIf Request_URI "\.(gif)|(jpeg)|(jpg)|(png)|(ico)$" no_log

 

▼https用の設定を追記
pemファイル等は先ほど「certbot」コマンドで作成したフォルダパスを指定。

ServerAdmin info@example.com
DocumentRoot "/home/username/public_html"
ServerName ilia.jp:443
ErrorLog logs/ssl-ilia.jp.com-error_log
CustomLog logs/ssl-ilia.jp-access_log combined env=!no_log
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/username/example.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/username/example.com/privkey.pem
SSLCertificateChainFile /etc/letsencrypt/username/example.com/chain.pem

SSLProtocol all -SSLv2 -SSLv3
SSLCipherSuite ECDH+AESGCM:DH+AESGCM:ECDH+AES256:DH+AES256:ECDH+AES128:DH+AES:RSA+AESGCM:RSA+AES:!aNULL:!MD5:!DSS
SSLHonorCipherOrder on
Header always set Strict-Transport-Security "max-age=15768000"

 

▼コンフィグの反映

 command
# systemctl restart httpd

 

 

状態確認

▼mod_sslがApacheに登録されているか確認

 command
# httpd -M | grep ssl
AH00548: NameVirtualHost has no effect and will be removed in the next release /etc/httpd/conf/httpd.conf:391
ssl_module (shared)

ssl_moduleが表示されていれば問題なし。

 

▼SSL証明書の有効期限を調べる

 command
# openssl s_client -connect example.com:443 | openssl x509 -noout -enddate
depth=2 O = Digital Signature Trust Co., CN = DST Root CA X3
verify return:1
depth=1 C = US, O = Let's Encrypt, CN = Let's Encrypt Authority X3
verify return:1
depth=0 CN = ilia.jp
verify return:1
notAfter=Jan 9 17:33:45 2021 GMT

「2021年1月9日」まで有効。

 

▼ブラウザから下記で問題なくアクセスできることを確認
・http://example.com/
・https://example.com/

 

 

httpdを起動時にエラーが表示された場合

エラー例1

AH00558: httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using fe80::2:76ff:fe1b:26f5. Set the 'ServerName' directive globally to suppress this message
ssl_module (shared)

この場合は、「httpd.conf」にて「ServerName」が設定されていない時に表示。

 

エラー例2

AH00548: NameVirtualHost has no effect and will be removed in the next release /etc/httpd/conf/httpd.conf:391
ssl_module (shared)


次のApacheのリリースでVirtualHostは書かなくても動作するという意味。
今回の場合だとhttpd.confの記述は下記が該当。
「NameVirtualHost 192.168.0.50」

 

 

cronでSSL証明書の自動更新

2回目以降のSSL証明書の更新は、コマンド1行で実行後にhttpdを再起動するだけで簡単に更新が行えます。
しかし、更新を忘れる事が多いと思うので、cronに登録して自動化したいと思います。

cronに登録する処理

  • 毎月1日の05:00にcronを実行
  • SSL証明書の自動更新
  • Apacheの再起動
  • cronの実行結果をメールで送信

 

 

▼cronファイルの編集

 command
# vi /etc/crontab

 

crontab

SHELL=/bin/bash
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin
MAILTO=root

# For details see man 4 crontabs

# Example of job definition:
# .---------------- minute (0 - 59)
# | .------------- hour (0 - 23)
# | | .---------- day of month (1 - 31)
# | | | .------- month (1 - 12) OR jan,feb,mar,apr ...
# | | | | .---- day of week (0 - 6) (Sunday=0 or 7) OR sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
# | | | | |
# * * * * * user-name command to be executed

▼結果をメールで送信
MAILTO="info@example.com"


▼毎月1日の05:00にcronを実行
00 5 1 * * root /usr/local/bin/certbot-auto renew && systemctl restart httpd

 

もっと詳しく

・certbot-auto renew コマンドで更新
&& で最初のコマンドが正常なら次のコマンドを実行
systemctl restart httpd でApacheを再起動

 

cronの解説記事
CentOS 8にてcron を利用して処理の時限設定を行う

目次1 概要2 cron の使用例3 cronの実行結果をメールで送信 概要 cron(クローン)はLinuxやMac等のUNIX系のOSに入っているプログラムです。 「この日時に、このプログラムを動 ...

続きを見る

 

 

メールでcronの実行結果を確認

certbot-auto renew の実行後は設定したメールアドレスにログが出力されます。
実際に更新が完了した際は下記のように success と表示されます。

 

SSL証明書更新完了

Congratulations, all renewals succeeded. The following certs have been renewed:
/etc/letsencrypt/live/example.com/fullchain.pem (success)

 

更新直後に再度 certbot-auto renew を実行した際などは下記のように skipped となり表示され、更新は行われません。
尚、certbot-auto renew のコマンド自体は正常に走っているので、「&&」でつないだ2つ目のコマンドであるApacheの再起動も実行されます。

 

SSL証明書更新スキップ

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Processing /etc/letsencrypt/renewal/example.com.conf
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
Cert not yet due for renewal

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

The following certs are not due for renewal yet:
/etc/letsencrypt/live/aki-e.com/example.com expires on 2021-04-12 (skipped)
No renewals were attempted.

 

 

簡単にサーバーを用意したい人はこちら

アクセス数が多く個人運営では厳しくなってきたら、レンタルサーバーも選択肢の一つですね。
もっと簡単にサーバーを準備して、WordPress等が動かせるレンタルサーバーをいくつか紹介します!

 

▼WordPress特化型レンタルサーバー


 

 

▼国内最大級の『ロリポップ!』の新プラン
面倒なインストールやセットアップ作業を行う必要なく、PHP、WordPress、Ruby on Rails、 Node.jsのアプリケーション実行環境を簡単に構築することができます。

 

 

▼国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

 

▼Just-Size.Networks レンタルサーバー
安価であっても決して妥協を許さない、こだわりのレンタルサーバー!




 

 

▼カラフルボックス
マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
最新のスペックと技術でWordPressをより高速・安全に表示!
ドメイン取得可能!
初期費用無料(*1)で月額480円から利用可能な、高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタル サーバーです。


 

当ブログのドメインや、ウチが管理しているドメインは、全てムームードメインで取得しています。
管理画面が使いやすくて、料金もかなり安めなので、オススメです!

 

-CentOS 8 Linux, WEB (Apache)

© 2022 Studio ilia - スタジオ イリア