CentOS 8 Linux Linuxノウハウ

CentOS 8のRPMコマンドの使い方

RPMについて

RPMとは、米レッドハット(Red Hat)社が開発した、ソフトウェアのパッケージ管理システムです。
Linuxコマンドや各種サーバー構築用のパッケージのファイルを「パッケージ名.バージョン番号.rpm」等のファイル名で構成されています。

 

構築環境

  • CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

 

 

RPMパッケージの操作方法

▼インストール

 command
# rpm -ivh ファイル名

 

▼更新(UPDATE)

 command
# rpm -Uvh ファイル名

 

▼削除(erase )

 command
# rpm -evh パッケージ名

 

 

rpmコマンドのオプション説明

オプションは簡易型と「--」で始まる長いタイプの両方が使えますが、用途はどちらも同じです。

▼例

 command
# rpm -i ファイル名
# rpm --install ファイル名

-i --install パッケージをインストールします。
-U --upgrade パッケージを更新します。
-F --freshen 以前のバージョンがインストールされているときのみパッケージを更新します。
-e --erase パッケージを削除します。
-q --query パッケージを管理されているサーバー(リポジトリ)へ問い合わせを行い、パッケージ情報の表示を行います。
-V --verify パッケージを検査します。
-h --hash インストール時の経過状況を「#」マーク(ハッシュマーク)で表示します。

 

 

簡単にサーバーを用意したい人はこちら

アクセス数が多く個人運営では厳しくなってきたら、レンタルサーバーも選択肢の一つですね。
もっと簡単にサーバーを準備して、WordPress等が動かせるレンタルサーバーをいくつか紹介します!

 

▼WordPress特化型レンタルサーバー


 

 

▼国内最大級の『ロリポップ!』の新プラン
面倒なインストールやセットアップ作業を行う必要なく、PHP、WordPress、Ruby on Rails、 Node.jsのアプリケーション実行環境を簡単に構築することができます。

 

 

▼国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

 

▼Just-Size.Networks レンタルサーバー
安価であっても決して妥協を許さない、こだわりのレンタルサーバー!




 

 

▼カラフルボックス
マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
最新のスペックと技術でWordPressをより高速・安全に表示!
ドメイン取得可能!
初期費用無料(*1)で月額480円から利用可能な、高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタル サーバーです。


 

当ブログのドメインや、ウチが管理しているドメインは、全てムームードメインで取得しています。
管理画面が使いやすくて、料金もかなり安めなので、オススメです!

 

-CentOS 8 Linux, Linuxノウハウ

© 2022 Studio ilia - スタジオ イリア