CentOS 8 Linux Linuxノウハウ

nslookup、dig、host、nsupdate、tracerouteコマンドをインストール

nslookup、dig、host、nsupdate、tracerouteコマンドについて

DNSサーバー構築などでホスト名やドメインの処理状況を確認するさいに、これらのコマンドが非常に便利です。

CentOS8を最小でセットアップすると、「nslookup、dig、host、nsupdate、traceroute」のコマンドはインストールされません。
「nslookup、dig、host、nsupdate」コマンドはDNSサーバーを構築するための「BIND」のユーティリティーである「bind-utils」というパッケージをインストールすると使えるようになります。

 

構築環境

  • CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

 

▼コマンド必要パッケージ用途

コマンド 必要パッケージ 用途
nslookup bind-utils DNSクライアントの名前解決をするためのコマンド。正引きや逆引き以外にも、MXレコードなどの各種レコードの検索が可能。
dig bind-utils domain information groperの略。
ネームサーバに対して問い合わせを行い、その応答結果を表示するコマンドです。
host bind-utils DNSサーバーに問い合わせを行い、ドメイン名からIPアドレス、またはIPアドレスからドメイン名を調べるコマンドです。
nsupdate bind-utils ネーム・サーバーに対する DNS 更新操作をホスト・レコードに作成して実行します。 人手によりゾーン・ファイルを編集しなくても、リソース・レコードをゾーンに追加したり削除することができます。
※本手順では現状は取り扱いなし。
traceroute traceroute コマンドを実行したホストから別のホストまでのネットワーク経路をリスト表示するコマンドです。
NW機器が多く複雑なルートにおいて、障害箇所を特定するのに便利なコマンドです。

 

 

bind-utilsのインストール

CentOS 8 では dnf コマンドを利用してパッケージ情報検索やインストール、削除を行うことができます。
パッケージファイルが管理されているダウンロードサーバーをリポジトリと呼び、新規でリポジトリを追加することで、ダウンロードできるファイルの種類を増やすことが可能です。

▼パッケージの確認

 command
# dnf list | grep bind-utils
bind-utils.x86_64 32:9.11.13-6.el8_2.1 AppStream

 

▼パッケージのインストール

「-y」オプションを指定すると、インストール可否の確認で「yes」となり自動的にインストールが開始します。


 command
# dnf install -y bind-utils

 

 

tracerouteのインストール

CentOS 8 では dnf コマンドを利用してパッケージ情報検索やインストール、削除を行うことができます。
パッケージファイルが管理されているダウンロードサーバーをリポジトリと呼び、新規でリポジトリを追加することで、ダウンロードできるファイルの種類を増やすことが可能です。

▼パッケージの確認

 command
# dnf list | grep traceroute
traceroute.x86_64

 

▼パッケージのインストール

「-y」オプションを指定すると、インストール可否の確認で「yes」となり自動的にインストールが開始します。


 command
# dnf install -y traceroute

 

 

インストールコマンドの確認

which コマンドでインストールされたディレクトリを検索してコマンドのPATHが表示されれば問題なく利用できるかと思います。

 command
# which nslookup
/usr/bin/nslookup
 
# which dig
/usr/bin/dig
 
# which host
/usr/bin/host
 
# which nsupdate
/usr/bin/nsupdate
 
# which traceroute
/usr/bin/traceroute

 

 

コマンドの使い方

 

▼nslookupで「ドメイン⇔IPアドレス」の確認

 command
# nslookup google.co.jp
Server: 192.168.0.1
Address: 192.168.0.1#53
Non-authoritative answer:
Name: google.co.jp
Address: 216.58.197.163
 
# nslookup 216.58.197.163
163.197.58.216.in-addr.arpa name = nrt12s02-in-f3.1e100.net.
163.197.58.216.in-addr.arpa name = nrt12s02-in-f163.1e100.net.
Authoritative answers can be found from:

 

 

▼digでmxレコードの情報確認

 command
# dig google.co.jp mx
; <<>> DiG 9.11.13-RedHat-9.11.13-6.el8_2.1 <<>> google.co.jp mx
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 27499
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 5, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 7
;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;google.co.jp. IN MX
;; ANSWER SECTION:
google.co.jp. 367 IN MX 20 alt1.aspmx.l.google.com.
google.co.jp. 367 IN MX 40 alt3.aspmx.l.google.com.
google.co.jp. 367 IN MX 10 aspmx.l.google.com.
google.co.jp. 367 IN MX 30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.co.jp. 367 IN MX 50 alt4.aspmx.l.google.com.
;; ADDITIONAL SECTION:
alt1.aspmx.l.google.com. 22 IN A 74.125.137.27
alt1.aspmx.l.google.com. 118 IN AAAA 2607:f8b0:4023:c03::1a
alt3.aspmx.l.google.com. 283 IN A 209.85.146.26
aspmx.l.google.com. 253 IN A 64.233.189.26
alt2.aspmx.l.google.com. 203 IN A 173.194.200.26
alt2.aspmx.l.google.com. 118 IN AAAA 2607:f8b0:4003:c0d::1b
;; Query time: 7 msec
;; SERVER: 192.168.0.1#53(192.168.0.1)
;; WHEN: 水 11月 11 01:18:46 JST 2020
;; MSG SIZE rcvd: 279

 

 

▼hostで該当hostとIPアドレスの確認

 command
# host google.co.jp
google.co.jp has address 216.58.197.163
google.co.jp mail is handled by 40 alt3.aspmx.l.google.com.
google.co.jp mail is handled by 10 aspmx.l.google.com.
google.co.jp mail is handled by 30 alt2.aspmx.l.google.com.
google.co.jp mail is handled by 50 alt4.aspmx.l.google.com.
google.co.jp mail is handled by 20 alt1.aspmx.l.google.com.

 

 

▼tracerouteでNWのルート情報を確認

 command
# traceroute google.co.jp
traceroute to google.co.jp (172.217.27.67), 30 hops max, 60 byte packets
1 _gateway (192.168.0.1) 0.867 ms 56.227 ms 56.217 ms
2 nas822.p-kanagawa.nttpc.ne.jp (210.153.247.192) 59.940 ms 59.929 ms 59.915 ms
3 210.153.249.253 (210.153.249.253) 60.041 ms 60.212 ms 60.201 ms
4 210.165.249.129 (210.165.249.129) 60.362 ms 60.615 ms 60.605 ms
5 210.165.249.133 (210.165.249.133) 60.591 ms 60.573 ms 60.560 ms
6 p254--504.tky-nk-acr02.sphere.ad.jp (210.153.241.113) 61.526 ms 10.636 ms 78.983 ms
7 * * *
8 72.14.205.32 (72.14.205.32) 78.665 ms 210.150.215.242 (210.150.215.242) 78.878 ms 78.872 ms
9 * * *
10 209.85.253.58 (209.85.253.58) 83.727 ms nrt12s15-in-f67.1e100.net (172.217.27.67) 83.694 ms 209.85.253.56 (209.85.253.56) 78.882 ms

 

 

簡単にサーバーを用意したい人はこちら

アクセス数が多く個人運営では厳しくなってきたら、レンタルサーバーも選択肢の一つですね。
もっと簡単にサーバーを準備して、WordPress等が動かせるレンタルサーバーをいくつか紹介します!

 

▼WordPress特化型レンタルサーバー


 

 

▼国内最大級の『ロリポップ!』の新プラン
面倒なインストールやセットアップ作業を行う必要なく、PHP、WordPress、Ruby on Rails、 Node.jsのアプリケーション実行環境を簡単に構築することができます。

 

 

▼国内最速!初期費用無料の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

 

 

▼Just-Size.Networks レンタルサーバー
安価であっても決して妥協を許さない、こだわりのレンタルサーバー!




 

 

▼カラフルボックス
マルチドメイン・データベース・メールアドレス、すべて無制限。
最新のスペックと技術でWordPressをより高速・安全に表示!
ドメイン取得可能!
初期費用無料(*1)で月額480円から利用可能な、高速・高機能・高コストパフォーマンスのクラウド型レンタル サーバーです。


 

当ブログのドメインや、ウチが管理しているドメインは、全てムームードメインで取得しています。
管理画面が使いやすくて、料金もかなり安めなので、オススメです!

 

-CentOS 8 Linux, Linuxノウハウ

© 2022 Studio ilia - スタジオ イリア